WordPressで改行をするには?ブログを読みやすくする使い方と注意点

ライティング

WordPressの改行のやり方とおすすめの使い方・注意点の改善方法について解説していきます。

WordPressで改行を使うと、1行空白ができるんだよね…

他のブログのように、見やすい文章を書きたい

このような悩みに、わかりやすく例を用いてお伝えしていきますので、ぜひ、ご参考ください。

 

ーこの記事におすすめの方ー

■Wordpressで見やすい記事を書きたい
■空白を空けずに改行がしたい
■改行が消えてしまうときがある

WordPressで改行をするには?

改行とは「文章を整えるために、行を変えること」で、ブログを見やすくする効果があります。

 

WEB上の記事では、文章と文章に空白がないものを改行と捉えられています。

WordPressで改行をするには下記の方法でできます。

「Shiftキー」+「Enterキー」

改行を使うことで、見やすい文章を作ることができますので、習得しておきたい操作の1つです。

WordPressの場合、改行をしたつもりが文章と文章の幅が広くなってしまうため、悩む方も多かったと思いますが、「Shiftキー」+「Enterキー」で解決できます。

WordPressの改行と段落との違い

改行は「行」を変えることでしたが、段落は「文章の塊を作る」ことを意味します。

WordPressで段落を分けるには下記のキーボードを入力します。

「Enterキー」

WordPressでは、Enterキーのみですと強制的に段落わけされます。

インターネット上では
■文章と文章の間に空白を作りたい場合は「段落」
■文章と文章を詰めて行を変えたい場合は「改行」
と解釈してOKです。

WordPressの改行と段落の使い方【例で解説】

改行や段落を作らなかった場合、下記のような文章体系になります。

WEB記事と書籍では、「段落」に対する手法が異なります。書籍では、文章の行を変えることを改行とし、さらに改行した文章を一文字分下げることで段落として見なすことが、一般的のようですには、行間を空けることで段落とみなす書籍もあり、統一はされていません対してWEB記事では、行間があるものを段落とし、行を変えることを改行となっています
ちなみに、英文での段落は行間を空ける形式を取られることが多いようです。結論として、WEB記事で段落を設けたい場合は、行間を空ける風潮が一般化していると言えます。

上記の文章を例に「改行のみ」「段落のみ」で、それぞれ表してみます。

 

改行のみのパターン

段落のみのパターン

例題の文章に比べ、見やすくなった印象があります。
ただ、改行と段落の片方のみですと、以下のようなデメリットもあります。

改行のみ…統一性はあるが、堅い印象となる
段落のみ…見やすいが文章にメリハリがない

そこでおすすめなのが、改行と段落を両方使うパターンです。

改行+段落がおすすめ

 

改行+段落の併用

改行+段落の場合、文章の塊が一目でわかるので、今何について話しているのが理解しやすくなりそうですね。

サイトのジャンルや記事を読む層にもよりますが、改行と段落を上手く駆使することで、ユーザーにとって読みやすい記事になります。

WordPressの改行の注意点と解決策

WordPressで改行を使う際に注意したいことは2つあります。

■改行タグが消えてしまう
■改行の連発で、スマホで見づらくなる

それぞれ、原因と対策をお伝えしていきます。

改行が消える

WordPressで記事を書く際に「改行をしたはずなのにプレビューをすると改行されていない…」なんてことが起こってしまうことがあります。

原因は、改行のタグがWordpressの機能により、自動で消えてしまうからです。

てくパタ
てくパタ

(タグとはテキストエディタでみられるもので、改行タグは<br>とあらわされます)

対策

この場合は、プラグインを用いることで解決されます。

プラグイン「Tiny MCE Advanced」

やり方は、Tiny MCE Advancedのエディタ設定画面を開き、「高度オプション」→「段落タグの保持」にチェックを入れるだけです。

 

スマホでの見え方

PC版とスマホ版では、表示される文字数が異なりますので、あらぬところで改行をしてしまうと、非常に見ずらい文章となってしまいます。

理由は、画面幅の問題です。
PC版はWordpressで書いたように表記してくれますが、スマホ版ですと一列の文字数が少なく表記されることになります。

スマホ表記時にみにくい例)

おはようございます。
今日は天気が良いので、ひさびさに犬を連れ
て、
散歩に出かけます。

文章の途中で改行を入れてしまうと、予期せぬところで文章が途切れてしまい、なんとも中途半端に見栄えになってしまいます。

対策

■文章の途中で改行はしない
■1文を50字から80字程度に収める
■スマホ画面で見直しをする

改行は「~。」のように文章が一区切り終えたところでするようにしましょう。

1文の文字数が多すぎても、見づらくなってしまいます。80字前後ですと、スマホ画面で4行~5行におさまりますので、目安にしてください。

 

WordPressで改行をするには?まとめ

WordPressで改行をする際のやり方と注意点をもう一度まとめます。

■改行はキーボードの「Shiftキー+Enterキー」
■改行をするなら1文ごと
■段落と改行を使うことでより見やすくなる

ぜひ、Wordpressで改行を取り入れ、見やすい記事作成に役立ててください。

ーさらに読みやすい文章を書くにはー

コメント