WordPressにcocoonをインストールする手順を解説【図解】

cocoon

WordPressに、無料で超優秀のテーマcocoonを設定したいという方に向けて、インストールの方法を図解で詳しく解説していきます。

cocoonが良いと聞いたのだけど、どうやったら使えるの?

というような疑問に、実際にcocoonを使用する僕がお答えしていきます。

ーこの記事がおすすめの方ー

■テーマcocoonを使いたい
■Wordpressでcocoonの設定方法がわからない
■手順をわかりやすく解説してほしい

 

インストールの手順は簡単ですので、cocoonを使用したいと考えている方は、ぜひこの記事を活用ください。

WordPressにcocoonをインストールする手順を解説

無料テーマ「cocoon」をWordpressで使うためには、3つのステップを踏みます。

①テーマ「cocoon」をダウンロード
②Wordpressにcocoonをインストール
③cocoonを有効化

全くお金がかからず、簡単に超優秀のテーマ「cocoon」を使うことができますので、はっきり言って簡単です!

画像も交えながら手順を解説していきますので、参考にしてください。

 

手順①cocoonをダウンロード

まずは、テーマcocoonをダウンロードします。

無料で配布されており、パソコンからダウンロードをすれば、だれでもcocoonを使用することができます。

>>https://wp-cocoon.com

 

トップ画面を開くと「ダウンロード」がありますので、そこをクリックします。

 

cocoonには「親テーマ」と「子テーマ」の二つのテーマがあり、両方ともダウンロードします。

まずは、親テーマからダウンロード!

ダウンロードのページに行き下へ少しスクロールし、見出しの”親テーマのダウンロード”のところにある「cocoonテーマをダウンロード」をクリックします。

 

画面の左下にダウンロード中のお知らせがでますので、完了しましたら、クリックをして、保存をします。

※後でWordpressへインストールする際にどこに保存したかわからなくならないように、わかりやすいところに保存をしましょう。

 

これで、親テーマのダウンロードが完了です。

同じ要領で子テーマもダウンロードしていきます。

これでテーマcocoonのダウンロード完了です。

 

以下の推奨環境でcocoonをダウンロードすることをおすすめします(2020年5月時点)
Wordpress5.3.0以上(アップデートすればOK)
PHP7以上
Googlechrome
Firefox
MicrosoftEdge
InternetExplorer11以上
Safari
※Wordpressを最新の状態にアップデートしていれば、大抵の方は気にしなくても大丈夫です。
昔のネット環境を使っているという方は、ご参考ください。

手順②Wordpressにcocoonをインストール

WordPressの管理画面を開きいて、左側にあるメニューの「外観」にカーソルを合わせ「テーマ」をクリックします。

 

テーマ画面に映りますので、左上にある「新規追加」をクリックします。

すると、新規追加の部分に「テーマのアップロード」が出てきますので、クリックします。

 

ファイル選択画面に移行したら「ファイルを選択」をクリックし、先ほどcocoonのダウンロードを保存した場所から、親テーマを選択します。

 

親テーマの選択を終えると下記の画面になりますので、赤点線の部分を確認し、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了しましたら、cocoonの子テーマも同様の手順でインストールしましょう。

 

手順③cocoonを有効化する

テーマcocoonをWordpressへ登録はできましたが、有効化をしなければ、テーマをcocoonにすることはできません。

再度、Wordpress管理画面の左メニューから「外観」→「テーマ」を選択します。

するとテーマ選択の画面には、ちゃんと親テーマと子テーマがありますね。

 

テーマcocoonの場所にカーソルを合わせると、「有効化」というのがでてきますので、クリックをします。

子テーマの方を有効化して、使用することをおすすめします

 

これで、Wordpressでテーマcocoonを使用できるようになっています。

なお、有効化の右横にある「ライブプレビュー」から、テーマcocoonが実際に使われた際のイメージを見ることができます。

cocoonの親テーマと子テーマはどっちを使うべき?

結論から言いますと、子テーマを使った方が安心ということになります。

まず、なぜ親テーマと子テーマの二つあるのかについて説明します。

親テーマ…テーマそのもの
子テーマ…カスタマイズ用のテーマ

簡単に言うとこんな感じです。

カスタマイズをしないという方は、親テーマを有効化にして使用しても問題ありませんが、Wordpressを運用していくと、大体はカスタマイズをしたくなるものです。

でしたら、初めからカスタマイズ用の子テーマを有効化して使用した方が、よさそうですね。

 

子テーマをすすめる理由

テーマはより良いものにするために、定期的にアップデートを繰り返しますが、その時は親テーマがアップデートされます。

 

例えば、親テーマを有効化した状態で、装飾などのカスタマイズをしたとします。

アップデートをすることで、今までカスタマイズしたものも一緒にアップデートされてしまうので、カスタマイズしたもの自体がリセットされることになります。

非常にヘコみますね……、ですが子テーマにすればカスタマイズでヘコむことはなくなります。

 

子テーマを使用した場合は、アップデートをされてもカスタマイズが消えることはない

親テーマと子テーマは、そもそもが全く違うファイルになるため、テーマのアップデートをした場合でも、全く影響を受けないからです。

 

子テーマにするデメリットはない

親テーマでアップデートされたものは、アップデートの内容に応じて対応していく必要があります。

子テーマが用意されていないテーマもあり、その場合は、自分で作ったりプラグインを使用することになり、Wordpress初心者ですと、ハードルが高そうですよね。

 

ただ、cocoonの場合は、初めから子テーマが用意されていますので、目立ったデメリットはありません

テーマcocoonの場合は、子テーマ一択

>>https://wp-cocoon.com

 

WordPressにcocoonをインストールするのは簡単!

WordPressにcocoonをインストールする際のポイントを簡単にまとめます。

■テーマcocoonをダウンロード
■Wordpressのテーマのところから、インストール
■子テーマの方で有効化する

cocoonを使うことで、ブログサイトの世界がガラリと変わります。

WordPressを始めたばかりの方ですと、難しく感じるかもしれませんが、記事の手順通りにやれば、誰でもcocoonを手に入れることができます。

 

デザインは、ユーザーの印象もガラリと変わりますので、テーマcocoonを使うことで、きっと収益へとつながるはずです。

 

 

 

 

 

コメント