【初心者向け】WEBライティングの書き方と3つのコツを詳しく解説

ライティング

WEBライティングに挑戦する初心者に向けて、書き方とコツを解説していきます。

ライティングで稼ぎたいけど、スキルがない

どうやって書いたら良いかがわからない

記事の内容を実践すれば、クラウドワークス ランサーズの案件に挑戦したいけど書き方がわからない方や、ブログ運営を目指している方が一歩前に踏み出せると思います。

ーこの記事におすすめの方ー

■WEBライティングの書き方がわからない
■ネットで副業したい
■記事が上手く書けない

 

筆者は全くの初心者から、副業としてWEBライティングで月7万を稼いだ実績があり、現在はサイトを2つ運営しています。

これまでの経験から、ベストだと思う方法をお伝えしますので、ぜひ、ご参考ください。

初心者向けWEBライティングの書き方

WEBライティングでは、4つの手順で記事を書いていくことが基本となります。

①タイトルを決める
②構成を決める
③導入を書く
④本文を書く

全体の記事プランを立ててから書くことで、何を書きたいのかが明確になり、読者にとっても読みやすい記事となります。

それぞれ解説していきますね。

 

基本①タイトルの書き方

タイトルを決める際の基本となるポイントは4つです。

■記事の内容がわかるタイトル
■嘘・誇張しない
■キーワードを入れる
■文字数は28文字~32文字を目安に


タイトルは記事が読まれるかどうかが決まるほど重要
なものです。

読者はタイトルを見て記事を読むかどうかを決めますので、どんな記事かがわかることが大切ですね。

嘘や誇張したタイトルをつけるのも、記事を読んだ人をがっかりさせてしまい読者の信頼を落としますので、おすすめしません。

 

また、ネットの世界特有の「キーワード」や「文字数」も意識しましょう。

キーワード…実際に検索するときに使う言葉
文字数…タイトルは32文字までしか表記されない

 

その他にも、SEO対策だとか、読者の目を引くようなタイトルのつけ方などのテクニックは多数ありますが、WEBライティング初心者はひとまず上記の4つを意識すればOKです。

その他、タイトルの付け方のコツは『【実例でわかる】記事タイトルの付け方と意識すべき5つのルール』でまとめています。

基本②構成の書き方

構成の基本となるポイントは3つです。

■記事内容を明確にする
■シンプルにわかりやすく
■見出し・小見出しを作る

構成はいわば記事の骨組みとなる部分です。

目次にあたる部分となるわけですが、読者がわかりやすい内容となるように、明確にわかりやすくシンプルな見出しをつけるようにしましょう。

といってもWEBライティング初心者ですと、構成を作るのは非常に難しいですので、コツを伝授します。

WEB検索1ページ目の記事を参考にして、アレンジ

検索結果で上位に表示される記事は、いわば無料の参考書です。

構成がしっかりしていて読者の求めている情報にしっかり応えている記事だからこそ、上位表示をしていますので、どんどん参考にしちゃいましょう。

見出しに関しては「【実例でわかる】記事見出しの付け方と具体的な書き方【先に結論】」で詳しく解説しています。

基本③導入文の書き方

導入文のポイントは2つです。

■簡潔に記事の内容を伝える
■読者の疑問に答える記事だとアピールする

導入は、読者が一番初めに目を通す場所ですので、記事を読みたくなるかどうかが決まる場所といってもよいです。

ダラダラと書いてあっても、この記事は何のことを言っている記事なのだろうかと不安にさせてしまい、記事を読み進めてくれなくなります。

この記事は、こんな疑問に答えている記事だよ! という風に書いてあげると、獄舎の興味を引き付け読み進めてくれます。

 

基本④本文の書き方

本文の書き方のポイントは3つです。

■専門用語は極力避ける
■平仮名7割と漢字3割を意識
■改行を使う

知らない言葉ばかりがでてきて、サイトを閉じたことはありませんか?

本文を書く際は、中学生でもわかる言葉で文章を書くことで、誰にでもわかりやすい記事になります。

また、ネットでは見た目の印象で、読むか読まないかを決めるほど、視覚的な要素が影響します。

4字熟語や4字以上の感じをいっぱい使われると堅苦しい文章に思えますので、ひらがなを多めにすると良いです。

 

この記事でも使われていますが、改行は読みやすくするためのテクニックとして、最も簡単な方法です。

1文を50字~80字に収まるように意識して、改行をすることで、すっきりとした見栄えになります。

 

もちろん誤字脱字はないように見直しはしっかりとしましょう。

 

1人に向けて書く意識を忘れずに

すべての人に向けて記事を書こうとしてしまうと、いろんな情報が入まじり、結局何が言いたいのかがわからない記事になってしまいます。

ペルソナ」という年齢・性別・住まい・趣味・職業…などの読者像を明確にすることで、よりわかりやすく、具体的で専門的な記事を書くことができます。

 

僕がWEBライティングを始めたころは、恥ずかしながらペルソナがいまいちわかりませんでした。

見えない読者を想像することが難しかったため、友人に話すように記事を書くようにしたら、すらすらとまとまりのある文章を書けましたので、おすすめですよ。

 

WEBライティングで本文を書くときの3つのコツ

WEBライティングで本文を書く時のコツは3つです。

■見出しごとに要点を書く
■キーワードを主語に
■結論から書く

 

ベテランのWEBライターさんですと5000文字や10000文字でもなんなく書くことができますが、WEBライティング初心者ですと2000文字書くだけでも大変です。

それもそのはず。普段、2000文字とか3000文字以上の文章を書く機会なんて滅多にないからです。

 

結果として、なにをどう書いたら良いかごちゃごちゃになり、まとまりのない文章になってしまいsます。

 

読者にわかりやすく有益な情報を与えられるかが重要ですので、それぞれのコツを詳しく解説していきますね。

 

コツ①見出しごとに要点を箇条書き

①見出しごとに重要なポイントを箇条書きにする
②ポイントの前後に文章をつけたし、肉付けする

文章を一から書こうとすると、途中で何を書いているのかがわからなくなったりします。

そこで、あらかじめ見出しごとに書きたい内容を箇条書きにし、文章で結ぶようにすると、余計なことを書かずに、すっきりと文章を書くことができます。

例 見出し:WEBライティングとは

要点
・ネット検索で上位表示をするための技術
・SEO知識が必要
・読者が読みやすい文章を書く

肉付けして文章に

WEBライティングとは、インターネットで自分の書いた記事を読んでもらえるように、検索エンジンを意識して上位表示を目指す手法のことを言います。
SEOの知識はある程度必要ですが、最も重要なことは、読者が読みやすく、疑問にしっかり応えた記事を書けているかです。

 

文字数を増やしたいのであれば、例などを用いて肉付けをしていけばよいですね。

 

コツ②キーワードを主語に

キーワードを主語にすることで、以下のようなメリットがあります。

■何を言いたいのかが読者に伝わる
■不自然な文章になりにくい

WEBライティング初心者にとって、キーワードを意識しながら文章を書くのは非常に難しいことです。

キーワードを不必要にたくさん入れたり、変なところに入れたりして不自然な文章になると、読者にとって読みにくい記事となってしまいますね。

 

初めは、主語にキーワードを入れるように文章を書くことで、記事テーマの内容に沿った文章になり、キーワードもちりばめながら文章を書くことができます。

ブログ記事はもちろん、クラウドワークスなどの案件でキーワード指定された時でも対応できますので、おすすめです。

 

コツ③結論から書く

WEBライティングで、結論から書く理由は2つあります。

■記事を書いていて、内容がそれない
■読者の知りたい情報を早く提供できる

この記事も、見出しごとに必ず結論から書いていることにお気づきでしょうか?

普通は起承転結で文章を書くと思いますが、WEBの場合は結論→理由→具体例→総括の手順で書くことが大切です。

 

理由は、スマホの普及です。

読者は気になる情報のところまで簡単にスクロールをすることができ、これは違うなと思ったらすぐに違う記事を読むことも簡単にできます。

本のようにじっくり読むものとは違い、インターネットで検索するときは、できるだけ早く回答がほしいものです。

 

先に結論を書き、読者の欲求を満たすことで、読者にストレスなく記事を読んでもらえるようになります。

 

僕は別のサイトも運営していますが、見出しごとに結論を先に書いて本文を書いたことで、読者の滞在時間が2倍近くに伸びました。

WEBライティング初心者に必須のツール

WEBライティングをするうえで、絶対に知っておきたいツールを3つ紹介します。

記事作成をする際に重宝し、生産性も上がります。

すべて無料ですので、知らなかったという方は、お気に入りやブックマークすることをおすすめします。

無料コピペチェックツール

他のサイトの記事と内容が重複していないかをチェックできる必須ツール

校正チェック

記事の文章を訂正してくれるツール。見直しの際に大活躍

関連キーワード取得ツール

実際に検索されているキーワードを知ることができるツールで必須級

 

WEBライティングはユーザーファーストが大切

WEBライティングの書き方とコツをもう一度簡単にまとめます。

■タイトル→構成→導入→本文の順で書く
■ペルソナを意識する
■キーワードを入れる(タイトル・本文)
■結論→理由→具体例→総括を意識

 

読者の立場に立って考えれば、おのずとWEBライティングの書き方を理解できるはずです。

どうしても書き方がわからないというWEBライティング初心者は、色々な記事を読んでみると、読者の目線に立てて、気付きが生まれてくるはずです。

ユーザーファーストで記事を書くように心がけたいですね。

 

\WEBライティング関連記事/

コメント