Saleshab(セールスハブ)の評判|仕組みやメリット・デメリットは?

副業・複業

営業マン向けの副業サービス「Saleshab(セールスハブ)」について、評判や仕組み・メリットデメリットをお伝えしていきます。

営業マンの僕ができる副業を探している

人脈には自信があるんだ!月に数万稼げる副業はないかなー

副業というとどうしてもプログラミングやら軽作業・ライティング等をイメージしてしまいますが、営業職の副業もたくさんあります。

皆さんの副業の選択肢の一つとなればよいと思いますので、セールスハブについての情報を共有していきます。

Saleshub(セールスハブ)とは

✔セールスハブとは
営業に特化した副業(複業)プラットフォーム

営業職の人脈が最大限生かせる副業として、現在注目を集める複業マッチングです。

特に外回りの営業をされている方は、時間調整もしやすいため、セールスハブのようなマッチングサイトを利用する方は多いようです。

  • 登録企業者数 2,000社以上
  • サポーター数 15,000名以上
  • 30代・40代の利用率が圧倒的に多い!

営業職で副業に興味がある方は70%以上にも及ぶと聞きますが、今まで培われた営業経験がフルに生かせる副業となります。

>>ビジネスマンのための気軽な副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

Saleshub(セールスハブ)の評判

セールスハブの評判は、かなり良いものが多いです。

営業マンは自分で時間のコントロールができるため、こういった複業は、受けがよさそうです。

✔良い評判

  • 法人営業やってる人にとってよい小銭稼ぎになる
  • 飛び込み営業の代わりになりえるシステム
  • お客さん・企業・自分がwin-winの関係になれるシステム

一方で、悪い意見はあまりありませんでしたが、要望めいたものはいくつかありました。

✔悪い評判

  • 海外向けの案件も欲しい
  • 企業側は相当の準備をしないと失敗しそう

 

基本的には、良い評判として認知されてきているといった感じです。

ただ、まだ利用者が少ないので、これから利用者が多くなった時に、今の評価を保てるかが見所ですかね。

 

セールスハブの詳しい仕組みについてお伝えしていきます。

Saleshub(セールスハブ)の仕組み

✔セールスハブの仕組み
商品・サービスを売り込みたい「企業

営業で副業をしたい「サポーター

両者をつなぐプラットフォームがセールスハブ

 

簡単に言うとセールスハブサービスを介しての「リファラ営業(紹介営業)」です。

サポーター→企業に知人を紹介して企業から報酬をゲット
企業→招待してくれたサポーターに報酬を支払う
セールスハブ→企業からの手数料を受け取り経営

 

サポーターは、人脈を駆使し企業に紹介することで報酬を得られます。また、信頼構築にもつながり、本職にも良い影響を与えます。

企業側は、成約率が高い紹介営業となりますので、飛び込みやテレアポなどの成約率が低い営業に時間を割かずに、無駄を省くことができます。

セールスハブは、紹介数に応じて手数料をもらうため、両者へのサポート体制の充実を図ります。

互いに、win-winが成り立つシステムとなっているわけですね。

 

続いて、サポーター側とクライアント(企業)側の流れを、説明していきます。

 

サポーター側の流れ

①セールスハブに登録し、企業を選ぶ

②企業と事前打ち合わせ

③企業の条件に合った知人に紹介

④アポイントのセッティング

⑤双方の成約にかかわらずに紹介料をゲット

登録料

サポーター側は登録料など一切費用はかからずに、セールスハブを利用できます。

登録方法は下記で詳しく解説しています。

 

やり方

サポーターのやることは、知人と企業を繋ぎ合わせるだけです。


気になる企業にアポイントを取る

企業から事前打ち合わせ等のメールが来る

事前打ち合わせで双方に一致したら紹介を

紹介したい知人or企業に連絡

セッティングの場を用意


サポーターは、双方を合わせるところまででOK。

企業との事前打ち合わせでは、わざわざ会わなくてもメッセージ・ビデオミーティング・電話でのやり取りで大丈夫です。

特に、現在はコロナの影響もあり、Skypeやzoomを使用したオンライン商談が主流となっています。

 

報酬

知人と企業との場をセッティングするだけで「紹介料」を得られ、さらに成約した場合は、「お礼料」も得ることができます。

得られる報酬の目安は、下記のとおりです。

紹介料…最低10,000円
お礼料…数万~(企業による)

 

紹介した企業が大きなビジネスに発展できたということで、100万円以上のお礼料をもらえることもあるそうです。

てくパタ
てくパタ

紹介する相手が大企業の役員だと、紹介料10万とかもあるよ!

>>商談アポのセッティングだけで高収入!副業するなら「Saleshub」

クライアント側の流れ

①セールスハブに登録

②自社アピールや報酬額設定などを行う

③サポーターからの問い合わせを待つ

④サポーターと事前打ち合わせ

⑤商談

⑤サポーターに報酬額とセールスハブに手数料を支払う

登録料

企業側も使える機能は制限されますが、登録料などの初期費用は一切かからずに、セールスハブを利用できます。

すべての機能を利用したい場合は、月額料金を支払います。

  • 6か月契約の場合…50,000円(+税)
  • 1年契約の場合…35.000円(+税)
  • 2年契約の場合…30.000円(+税)

 

てくパタ
てくパタ

契約期間が長いと、かなり割引されてますね。

やり方

企業側は、いかに自社製品やサービスをアピールし、質のいい紹介者を得られるかがカギとなります。


企業情報を掲載する

サポーターからの連絡を待つ

事前打ち合わせの日程を提示

サポーターから結果を聞く

商談開始


やり方のポイントは3つ!

  • 魅力的な掲載文を出せるか
  • 質の良いサポーターを呼び込めるか
  • 商談テクニック

 

てくパタ
てくパタ

サポーターに読まれるために、掲載文はかなりの時間を費やすみたいですね。

 

手数料

企業は商談成立の有無にかかわらず、サポーターへの報酬額支払い+セールスハブに手数料を支払います。


手数料=報酬額の35%+消費税(最低10,000円~)

報酬額が10,000円の場合
→手数料10,000円+消費税(最低額を適用)

報酬額が20,000円の場合
→手数料7,000円+消費税(35%を適用)


報酬額の最低設定額も10,000円となります。

一人の紹介者に付き、最低でも20,000円+消費税を支払うということになりますね。

 

自社の求める商談相手によって、報酬額の設定は変わってきます。

  • 個人相手…10,000円~20,000円
  • 中小企業相手…20,000円~
  • 大企業相手…50,000円~

 

てくパタ
てくパタ

その他詳しい情報は、セールスハブ公式の「よくある質問」をご覧ください。

\企業の登録はこちら/

 

Saleshub(セールスハブ)メリット・デメリット

サポーターと企業のそれぞれのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

サポーター

サポーターにとっては、メリットが非常に多いサービスです。

■登録料無料
■好きな時間に副業ができる
■営業職の人は、特別なスキルがなく、すぐに副業できる
■企業の評価を集めれば、仕事にも生きてくる

 

デメリットとしては、以下のことが挙げられます。

■10,000円だと安すぎる
■そもそも、人脈がないとまったく稼げない
■知らないサービスへのアプローチは難しい

サポーター側の負担は、ほとんどといっていいほどありませんので、営業職をやっている方であればやりやすい副業となります。

ただ、自分の培ってきた人脈をたった数万ので売るのか?と思われる方には、少々対価が少なく感じてしまうでしょう。

 

企業

企業側のメリットは下記の通りです。

■成約率に期待が持てる
■テレアポ・飛び込みの時間を減らせる
■安い支払で大きなビジネスの可能性がある

デメリットとしては、以下のことが挙げられます。

■最低20,000円以上を出せる価値を見出せるかが重要
■必ず成約できるものではないのに、報酬を支払うシステム
■良い商談相手に会えるかどうかは、サポーターの質による

 

システム自体は、テレアポ・飛び込みに比べ効率的な営業をかけられると思いますので、メリットは多いと思います。

 

商談相手が個人ですと、少々支払い料金も高くなるところがネックですかね。

中小企業社長や大企業役員を商談相手とするなら、たとえ成約できなくても、つながりを持て、価値を見出せるかもしれません。

新たな一手として活用するのなら、価値はあるのかなーと思います。

 

Saleshub(セールスハブ)の登録方法

この記事では、サポーター向けの登録方法をお伝えしていきます。

※メールアドレスより登録した場合の手順となります。

 

アクセス

まずはセールスハブのログインページにアクセスします。
>>初期費用をかけずに副業をはじめるなら「Saleshub」

下記のページより、登録方法を選択

 

てくパタ
てくパタ

フェイスブックからですと1分で登録、メールアドレスでも5分もあれば登録ができます。

 

 

必要事項入力

「名前」「性別」「生年月日」を入力

「会社勤め」「個人事業主」のどちらかを選択し、指示に従い入力

 

「連絡先」を入力し「ログインパスワード」を設定

「事業ジャンル」を選択(後で変更可能)

最後に利用規約をチェックし「利用規約に同意して次へ」を選択

てくパタ
てくパタ

後で変更可能のところを飛ばせば、3分で登録できます。 

メール認証

セールスハブ宛から確認メールが届きます。

メールに記載のURLからセールスハブにアクセス

上記の画面が表示されれば、登録完了となります。

 

>商談アポのセッティングだけで高収入!副業するなら「Saleshub」

 

\副業に関する記事/

コメント