今はやりの「複業」とは?副業との違いや始め方をわかりやすく解説

副業・複業

2018年以降、よく目にするようになった「複業」について、解説をしていきます。

副業じゃないの?複業ってなんだ?

複業のやり方がいまいちわからない……

このような疑問を持つ方に向けて

  • 複業ってなに?
  • 副業と複業の違い
  • 複業の始め方

をわかりやすく説明していきます。

 

今時、複業はしっていて当たり前のワードです。

この記事を通じて、複業への理解を深めていただけたらと思います。

複業とは?

複業とは複数の職業をもつことを言います。

それぞれの仕事に優劣をつけずに、すべての仕事が本業という考え方ですね。

 

以下のようなイメージが、複業です!

  • 会社では営業、個人事業主としてSE
  • 飲食店を経営、その他にライター業
  • プログラミングの傍ら、ブロガー

お笑い芸人が飲食店も経営しているというのはよく耳にしますが、これも複業といえますね。

 

複業の大きな特徴は3つ!

■収入源が増える
■リスクが分散する
■誰にでも複業は可能

 

それぞれ、詳しく解説していきます!

 

収入

平均年収154万円

2018年の情報ですが、フリーランスの複業・パラレルワーク平均年収は154万だそうです。

月に10万以上の収入があれば、生活は非常に楽になるはずです。

 

ちなみにサラリーマンの平均年収は420万前後です。

サラリーマンが複業を行った場合、年収約600万にもなります。

年収600万といえば、銀行員や商社といった職業にも匹敵しますので、けっこうな収入ですよね!

 

ただ、明確にいくら以上の年収が複業という規定はなく、あくまでも本人が複業と思うかどうかになります。

 

リスクの分散

様々な状況に対応できる

将来への不安から、複数の本業をと考える方が増えています。

 

35歳を超えてもし、会社が倒産したら……。考えるだけで恐ろしいですよね。

  • いつ会社が倒産するかわからない時代
  • 年功序列から個の力へと移り変わる時代
  • 新しい働き方改革の台頭

 

このような現状もあり、万が一何かがあった時のリスク分散・時代の変化への対応として、複業がフォーカスされています。

 

サラリーマンも複業

サラリーマンの複業はメリットが多い

複業といわれるとフリーランスのイメージがありますが、フリーランスだけではありません

テレワークの影響もあり、サラリーマンでの複業が増えています。

 

複業をすることで得られるメリットは、計り知れないです。

収入源が増える

多ジャンルの知識がつく

会社での仕事の幅も増える

会社内での給与UPも期待できる

 

スキルアップという視点から複業をやるサラリーマンも増えており、結果として複業は個の可能性を広げることにもなりますね。

 

複業のデメリット

複業はメリットもおおいですが、デメリットもあります。

■確定申告が必要
■タスク管理が重要
■自己管理をしっかり

 

それぞれ解説していきます。

 

確定申告

複業の収入は個人事業主となり、確定申告が必要になります。

僕自身もそうでしたが、サラリーマン時代に確定申告をすることなんて、ほぼほぼないと思います。

はっきり言って、超めんどくさいです。

 

とはいっても国の決まりですから、やらなければなりません。

やよいの青色申告オンラインなどの確定申告のフリーソフトを導入するといった工夫をして、出来るだけ負担を軽減していきたいですね。

 

タスク管理

複業では、大概がすべて自分で行わなければなりません

会社のように上司や部下なんていませんので、仕事を分散することはできません。

もちろん、時間的な余裕もありませんので、中途半端な仕事になって、管理ができなくなる可能性も……

 

自分のスキルやキャパシティに合わせて、効率化を求めたタスク管理が重要です!

 

自己管理

体調管理・時間管理も含め、マネージメントをしっかりしなければ、ただただ自分に負担をあたえてしまうだけというリスクを伴います。

責任もすべて自分に降りかかってきますので、今の状況としっかりすり合わせる必要があります。

 

複業と副業の違い

「複業」と「副業」……読み方は同じ「ふくぎょう」ですが、いったい何が違うのでしょうか。

簡単に言うと下記のようになります。

複業…本業+本業+etc
副業…本業+サブ的な収入源

 

複業はしっかりした収入源が2つ以上であるのに対して、副業はお小遣い稼ぎに近い感覚になりますね。

 

さらに詳しく分類すると下記のようなります。

✔平均月収の違い

複業…13万前後
副業…6万前後

✔仕事内容の違い

複業…専門的なスキルが必要
副業…スキルがなくても可能

 

複業の方が負担が大きい代わりに得るものも大きく、副業は手軽に副収入を得られるかわりに、収入面は劣り、スキルアップはしづらくなります。

 

ライフスタイルに合わせて複業か副業を選択するとよいですが、今後求められるのは間違いなく「複業」で得たスキルになります。

複業や副業の始め方

複業や副業の始め方は、基本的にインターネットを通じて可能です。

インターネットで副業・複業サービス会社に登録することで、仕事探しから報酬までを完結でき、自由な時間に好きなだけ働くことができます。

ユーチューブなど様々な種類がありますが、ここでは手軽にできる3種類をお伝えします。

 

クラウドソーシング

最もオーソドックスな複業・副業です。

SEやプログラミング・動画編集・WEBライター・WEBデザイナーなど、多様な職種があります。

 

クラウドワークス ランサーズといった言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

スキルはないけどこれから身につけたい!初めて複業(副業)を始めたい!という方にピッタリです。

 

\クラウドソーシングのまとめ記事/

 

複業マッチング

専門的なスキルを持っている方におすすめの複業です。

様々な専門分野に特化した個人とスキルを必要とする企業を繋げるサービス会社に登録することで仕事をすることができます。

 

スキルを売るでおなじみのココナラをはじめ、個人が企業と契約できる複業マッチングサイトなどもあります。

 

\複業マッチングの詳細記事/

 

ブロガー・アフィリエイター

リスクがなく手軽に始められる複業としてもってこいです。

自分の培ってきた経験や専門知識を世の中に配信することで広告収入を得たり、商品を紹介することで収入を得たりします。

 

ワードプレスというプラットフォームを使用しますが、初期費用としてサーバー代&ドメイン代がかかりますが、月にして2千円かからない程度です。

※ブログを始めるには、人気NO.1のエックスサーバーを利用する必要があります。

 

根気よく続けられれば、月○○万など稼ぐことも可能ですが、稼げるまでに時間がかかるというのがネックです。

 

複業は今後の働き方になる

複業についてもう一度簡単にまとめます。

■新しい働き方として注目
■2つ以上の本業を持つこと
■メリットはリスク回避など
■デメリットはとにかく大変
■実は誰でも始められる

 

数年後の未来すらどうなるかわからない今の時代。。。

だからこそ、新しい働き方に目を向け、個のスキルアップを目指すことは、社会を生き抜く一つの手段となります。

複業についてなんか不安があるという方は、まずはクラウドソーシングで複業の仕組みから知るとよいでしょう。

 

目まぐるしく変わっていく世の中ですので、先手先手を打つためにも、複業について考えてみるとよいかもしれませんね。

 

コメント