ブログ記事を見やすくする色の使い方【心理的な効果をつく】

ライティング

ブログで記事を書く際に、色の配色に困っているという方に向けて、読者が読みやすい色の使い方を解説していきます。

重要な部分に色をつけてるんだけど、なんか統一感がないんだよなー。

どんどん色を付けてしまって、ガチャガチャしてします…

僕もそうでしたが、読者目線ではなく自分目線で色を付けてしまいがちになります。

色は、記事を読みやすくするアクセント!読者にとって読みやすい色の使い方について解説していきます。

 

ブログ記事が見やすくなる色の使い方

いきなりですが、以下の画像を比べた際、どちらが見やすいでしょうか?

右側は華やかでなんとなくよく感じますが、どこが重要なのかがわかりにくいように思い、左側の方がシンプルだけど、わかりやすい印象があります。

 

左側の画像で意識した色の使い方のポイントは2つだけです。

■色に心理的な要素を盛り込む
■1記事3色程度を目安

 

記事に色を付ける目的は重要部分の協調です!

装飾をしすぎると華やかではありますが、結局どこが重要なのかがわかりずらくなります。本当に伝えたい部分を読者の記憶に残すことが難しくなるのです。

自己満足にならないためにも、記事の色の使い方で大切な上記2点について、詳しく解説していきますね。

 

色が与える効果

色によって人に与える印象(心理的要素)を知っておくと、記事内容が伝わりやすくなります。

…注意・危険など
…知的・喜び・ユーモアなど
…冷静・集中・自由
…癒し・リラックスなど
…苛立ち・疲れを落ち着かせる
…強さ・権威

 

色のイメージは、企業でも重要視するポイントで、企業ロゴなんてまさに、色から企業を連想させる良い例ですね。

ブログ記事の色合いでも、イメージは重要!

特に、赤・黄・青は信号機で用いられ、僕たちの心理に深く根付いていますので、配色に悩んでいる方は、信号機をイメージするとよいです。

 

3色で見やすくする

ブログ記事は、文字を読んでもらうことが目的ですので、色で文章を邪魔しないためにも3色程度がよいと思います。

たくさんの色を使われてしまうと、目がちかちかして文章が頭に入ってきませんし、どこが重要なのかもわかりにくいと感じます。

 

僕の場合は、目的に応じて以下の色から、1記事3色を目安に配色しています。

…見出しごとの結論に

…見出しの文章で最も重要な部分に

…手順説明などに

…例題などに

 

ブログ記事の色の使い方をルール化

先に述べた通り、配色をルール化することで、統一感を持たせることができます。

統一感があれば、読者に「この色の時は、重要なんだな」「この色の時は例題なのかな」と認識もしてもらえますね。

 

ルール化はなんでもよいと思います。

僕の場合は、以下のようにルール化していますので、よかった参考にしてください。

見出し2に

見出し3に

最重要部分に

例題に

手順に

内部リンクに

 

 

 

さらに、僕の実際の体験から、配色をルール化することで2つの効果が得られる考えています。

■スマホのスクロールの手を止める
■記事の形がブレなくなる

 

それぞれ、解説していきますね。

 

スクロールの手を止める

色をルール化することが、読者に知りたい情報を早く届けられる一つに要因になりえるのではないかと考えます。

基本的にスマホで検索をかける人は、知りたい情報をはやく得るために、スクロールをして流し読みをします。

僕もその一人ですが、スクロール時は色で判断することが多いんですよね。

流し読みの中でも色の識別はできますので、感覚的な部分で欲しい情報があるかなーと感じることができます。

経験からも、統一感がある配色をしていれば、流し読みの中でも読者に認識してもらえる確率はぐっと高くなると思います。

ちょっとこじつけっぽいですが、そのくらい視覚的な要素が人間に与える影響を大きいです。

 

記事の形がブレなくなる

色を付けるところは、記事のアクセント部分ですね。

この場面では、この色を!という決まりがあれば、色だけでなく文章の流れも統一化でき、非常に書きやすくなります。

僕の場合ですが、都度で思いついた色を装飾した結果、読みづらくなるだけでなく、文章の流れも変わってきてしまうという経験をしています。

頭の中でだいたいの記事のイメージを膨らませていくときに、この部分はこの色を!とイメージすることで、内容がブレない記事を作ることができますよ。

 

自分流の色の使い方で記事は読みやすくなる!

ブログ記事の色の使い方について、もう一度簡単にまとめます。

■目的に合った色を使う
■3色程度を目安に
■ルール化をして統一感を出す

 

ブログ記事を書く際に、色の使い方に悩んでいた方は、まずは信号機のイメージに沿って配色を決めてみてください。

ただ、あくまで装飾はオプションですので、記事内容を引き立たせることを念頭に置くことも忘れないようにしていきたいですね。

ぜひ、自分流の配色を見つけて、読みやすい記事を目指してください。

 

\おすすめの記事/

 

コメント