Bizseek(ビズシーク)とは?評判やクラウドワークスとの違いを解説

副業・複業

副業ブームの昨今、クラウドソーシングが注目を集めています。

ビズシークもクラウドソーシングとなりますが、あまり聞きなれない名前のため、評判が気になるところです。

ビズシークってどんな仕事があるの?

ビズシークは実際のところ、評判ってどうなの?

クラウドソーシング歴3年の僕が、実際にビズシークに登録をした感想や世間の評判・大手クラウドワークスとどう違うのかについて、お伝えしていきます。

 

\この記事におすすめの方/

■ビズシークの登録を検討している
■ビズシークの評判が知りたい
■クラウドソーシングで副業をしたい

ビズシークの評判

クラウドソーシング「Bizseek(ビズシーク)」の評判は、正直あまりよろしくはありません。

理由として2点が挙げられます。

・怪しいのでは?
・案件が少ないから仕事ができない

 

どうしても知名度がない点や、怪しく思える案件があるので、良い評価を受けていません。

しかし、その一方で、大手クラウドワークスと併用して利用している方もいらっしゃいます。

 

あまりよくない噂を聞き、使用する前から敬遠している方も多いのが現状だと思います。

ですが、ビズシークについてしっかりした知識を知ったうえで、自身の副業スタイルに合っているかどうかを判断してもよいはず!

以降は、ビズシークの情報や、クラウドワークスとの比較についてお伝えしていきます。

 

ビズシークとは?

Bizseek(ビズシーク)とは、在宅ワークが可能なクラウドソーシングサービスで、特徴は3つあります。

手数料…業界内で最安
登録…本人確認書類が必要
案件…買い物代行

他のクラウドソーシングと仕事内容やシステムはだいたい同じですが、上記の3つはビズシーク強みとなります。

手数料が安い

ビズシークがクラウドソーシングの大手社に太刀打ちする武器の一つです。

~10万 10~20万 20万~
ビズシーク 10% 5% 5%
大手サービス社 20% 10% 5%

月に20万以上の稼ぎになれば、どこのクラウドソーシングを利用しても、手数料の差はありません。

ですが、大半が月10万以下の収入となります(副業として利用することが多いため)

 


✔仮に5万稼いだ時の手元に入るお金

ビズシーク
売上50,000万-手数料5,000円=45,000円の収益

大手サービス社
売上50,000万-手数料10,000円=40,000円の収益


 

5万円の売り上げの人にとって、5000円の差は、結構大きいです。

低収益であればあるほど、ビズシークの手数料の安さをメリットに感じられることでしょう。

 

本人確認書類

他のクラウドソーシングとちょっと違うのが、条件の良い案件を受けるには本人確認書類が必須という点です。

メリット…安心した仕事の受注
デメリット…時間がかかる

 

仮登録までは他のクラウドソーシングと一緒ですが、その後、ビズシークに運転免許証などの本人確認書類を送らなければなりません。

本人確認書類自体は、スマホでパシャリと運転免許証などを撮影し送るだけで簡単ですが、本登録まで1日~5日程度かかってしまいます。

 

他のクラウドソーシングでは仮払い制度で金銭の保証はされていますが、実際のところワーカーとクライアントの間でトラブルがあるのが現状。。。

最初の手続きは少々面倒かもしれませんが、後々のことを考えると、少なくとも他のクラウドソーシングよりかは、安心して仕事をすることができますね。

 

買い物代行の案件

ビズシークには買い物代行という一風変わった案件があります。

✔買い物代行とは
・その名の通り、インターネット上の商品を代わりに購入しクライアントに送る案件
・ワーカー側の商品購入金額の負担はない
・1件当たり700円~1000円程度の案件が多い

 

一見怪しそうな案件に見えますが、報酬単価は高く、すぐに募集者が集まる人気案件です。

ただ、案件自体は見慣れないもので勝手がわかりずらい部分があります。

 

クライアントの評価ややり取りから信頼のおける方かどうかを見定めてから、仕事を受けた方がよさそうです(どの仕事でもそうですが)

 

ビズシークとクラウドワークスはどっちがよい?

結論から言いますと、クラウドワークスで案件が見つからないときの代役がビズシークとなります。

 

クラウドソーシングサービスの大手となるクラウドワークス とビズシークの違いを、以下の視点から、お伝えしていきます。

■目的の案件の見つけやすさ
■案件獲得の競争率

※手数料の違いその他システムの比較は、この記事で先述している・多くの記事で書かれてるの2点から、省かせていただきます。

 

案件の見つけやすさ

■定番の仕事はクラウドワークス
■買い物代行など特殊な案件はビズシーク

ビズシーク案件数はクラウドワークスに遠く及びませんので、プログラミングやデザイナー・ライティングなどの定番の仕事は、クラウドワークス一択です。

しかし、買い物代行という案件はクラウドワークスにはありません。

 

ビズシークは本人確認という独自の武器を持っているため、クラウドワークスでは取り扱いずらい案件が期待できます。

2020年06月時点
買い物代行(多数)・マスク制作など

 

いろんな仕事に挑戦したいという方は、クラウドワークスとビズシークの両方を網羅しておくことで、案件選択の幅を広げることができます。

 

案件の競争率

案件が少ない

ワーカーも少ない

プロ級のワーカーが少ない

案件獲得のチャンスが高まる

ビズシークはクライアント・ワーカーともに、クラウドワークスに比べ圧倒的に少ないです。

言い換えれば→案件が少ない=仕事がない=稼げない

という図式から、スキルの持ったワーカーは大手に的を絞っている比率があがります

また、ワーカー自体の数も少ないわけですから、募集分母の数も少なくなるということですね。

 


例)同ジャンル・報酬額・締切日の案件比較

※2020年6月6日時点

■クラウドワークスの場合

■ビズシークの場合


 

あくまで参考程度なので、一概にすべてがビズシークの方が応募数が少ないとは言い切れませんが、全体的な応募数は圧倒的にビズシークの方が少なかったです。

 

クラウドワークスを使用していてなかなか契約を結べないという方は、ビズシークも候補の一つとして検討してみると、案外契約することができるかもですね。

 

ビズシークの登録方法

ビズシークの登録方法は、以下の3点のステップを踏みます。

①仮登録
②本人確認書類提出
③本登録

 

仮登録

Bizseekにアクセスをし、「会員登録」をクリックし、画面移行後「仕事を受注する」を選択

※どちらを選んでも、ワーカー側とクライアント側の両方で登録したことになります。

個人情報(氏名・アドレス等)を記載し、「登録内容の確認」を選択

記載内容を確認し「会員登録する」を選択

これで仮登録は完了になります。

 

本登録

仮登録時に記入したアドレス宛にメールが届きます。

記載のURLを選択すれば、本登録が完了となります。

会員認証確認画面へと移ります。
記載されている認証確認文字を入力し、下記の画面が出れば本登録完了です。

 

本人確認書類

ログイン後、本人確認書類をスマホで撮影し、ビズシークに送ります。
※氏名・住所・生年月日が確認できるデータ

本人確認書類の例
運転免許証・国民保険証など

 

本人確認書類が正しく送信された場合は、下記のようなメールが来ます。

その後、数日以内に、本人登録完了のお知らせがきて終了となります。

 

\手数料が業界安値/
Bizseek

ビズシークを有効活用しよう

ビズシークは知名度が低く案件数も少ないですが、使い方によっては仕事の選択しを広げてくれます。

■手数料が最安値
■やり方によっては、契約しやすい
■大手との併用がおすすめ

 

登録に時間がかかるなど、めんどくさい部分もありますが、副業ブームとなっている今、新しい層がクラウドソーシングをやり始めます。

クラウドワークスなどの大手で仕事がないといったときに多くのクラウドソーシングを登録しておけば、仕事が見つかる確率も上がりますよ。

 

\登録無料/
Bizseek

 

\おすすめの記事/

コメント